Wedding Cake Toppers

ケーキトッパーとは

ウエディングケーキの上にのせる人形のことです。ロマンチックなカップルをモチーフにしたデザインが人気ですが、スポーツや職業、ペットをテーマにしたものから、くすりと笑ってしまうような面白いものまで様々なデザインがあります。ケーキトッパーをみれば夫婦関係が一目で分かるとも言われていますね。最近はバナー・バンティングなどのケーキトッパーもおしゃれ花嫁さんの間で人気です。
ケーキトッパーは、結婚式後も大切にとっておくことで、幸せになれると言われています。当店のケーキトッパーは瀬戸物で作られた高級感のある商品ですので、結婚式後もインテリアとしてご利用いただけます。皆様も、ぜひお二人らしいケーキトッパーを選んでオリジナルのウエディングケーキにしてみてくださいね。


こだわりのケーキトッパーができるまでの秘密

当店の大人気商品、ケーキトッパーはすべて職人による手作りでできています。
デザイナーと職人がチームとなり、試行錯誤を重ねて
表情やスタイル、ポーズにいたるまで繊細かつ細部までこだわりを持って作られています。
そんな自慢のケーキトッパーが作られるまでの過程を皆様にご紹介したいと思います。


アイデアをカタチにしていく
瀬戸物ケーキトッパーは、まずクリエイティブチームによるデザインを作り上げることから始まります。たくさんのアイデアやイメージを集め、お客様の需要や要求を分析した後に、チームのメンバーで新商品のデザインや方向性を決めます。

デザイン案が決まったら、デザイナーがケーキトッパーの細部まで表現するために彫刻家と協力します。その細かさといったら新郎新婦のポーズから、花嫁のドレススタイル、新郎のジャケットの襟穴に至るまでに及びます。ケーキトッパーを作る上で難しいのは約13cmの高さという制限の中でいかに繊細なデザインの細部を表現できるかということです。


熟練の職人により魂が注ぎ込まれる

手彫りの粘土モデルで試行錯誤を重ねた後に、ペインティングの作業に入ります。ペインティングされた試作品が完成した後、デザインが決定すればついに製作の工程へ。各ケーキトッパーは型に入れられ、固められた後、高温で加熱されます。冷却後、真っ白に仕上がった各ケーキトッパーは、職人によってそれぞれの色で手塗りされていきます。どれも手作業で丁寧に作られた、一つとして同じものはないオリジナルのケーキトッパーの完成です。




当店ではいつでも、新しいアイデアとなるデザインを募集しています。
よろしければ皆様のアイデアをぜひ、お知らせください!

ケーキトッパー商品一覧を見る >>

ページトップへ